ハウスクリーニングサーチ

 >   >   >  換気扇の主流となったシロッコファン

換気扇の主流となったシロッコファン

換気扇の種類の主流を占めるシロッコファン。その理由は、凱風の抵抗が多いこと、廃棄の融通が聞くなどが上がられます。

シロッコファンとは、多層送風機のことです。換気扇には、2種類のファンがあります。ひとつはプロペラファンで、もうひとつはシロッコファンです。シロッコファンは設置面積が少なくて済、分解清掃などもし易い構造になっています。さらにプロペラファンに比して、羽根の形状は前向きに追って、比較的長さが短いものが多いです。お屋外の風のの影響にも強いのが特長です。キッチンでは、レンジフードと組み合わせて使用されますが、シロッコファンの場合、形状が薄く融通性があるので様々なレンジフードに対応できるという特長もあります。換気扇とレンジフードの組み合わせは台所設備の中でも重要な部分を占めるので、基本的な知識を得て、選択するとよいでしょう。

関連画像はこちらから!

« 換気扇掃除の違い