お客様にとって最適な業者を見つけよう
  • クリックだけで1分以内にすぐに結果を表示

ハウスクリーニングの料金・価格の相場は?

まずハウスクリーニングの料金の相場を把握しよう

フローリングにモップ - ハウスクリーニングの料金相場

ハウスクリーニングサービスを利用することには、さまざまなメリットがあります。

例えば、エアコンの嫌な臭いやレンジの焦げ付き、換気扇の油汚れ、梅雨時の浴室のカビといった、自分では落とし切れない汚れ。

素人では手に負えない、ぜんそくやアレルギーの原因となるカビやダニ、ハウスダスト。

こういった、どうにもできない汚れでも、ハウスクリーニング業者に頼めばプロの技でキレイにしてもらえます。

掃除の時間をなかなか取れないという方にも、ハウスクリーニングサービスの利用はおすすめです。

引っ越しで賃貸を退去する際に清掃しなければいけないのに、忙しすぎて掃除している暇がない。

共働きや育児、身内の介護などで忙しすぎて、掃除にまでなかなか手が回らない。

年末には他にやることが多過ぎて、大掃除の時間が足りない。

こんな方も、ハウスクリーニング業者に掃除をまかせれば、安心して他のことに専念することができます。

最近では自分のためだけでなく、誕生日や敬老の日、父の日、母の日のプレゼント、お中元やお歳暮としてハウスクリーニングを依頼する人も増えているそうです。

クリーニングキット - ハウスクリーニングの料金相場

ハウスクリーニングを依頼する際、やはり気になるのが
「料金はいくらぐらいか?」
「どのくらいキレイにしてもらえるのか?」
「どんな業者が来るのか?」
といったことです。

インターネットでハウスクリーニング業者のホームページをいろいろ検索してみると、業者によってサービス内容や料金はいろいろです。

なかでも料金は、業者によってメニューの項目も価格設定も異なるので、とても迷わされます。

ハウスクリーニングの料金は、基本的に人件費、洗浄剤・用具等の消耗品代、交通費、各種保険、店舗の維持管理費、その他経費を含めて決められているそうですが、同じサービス内容なのに、業者によって料金が倍近く異なることさえあるそうです。

腕の立つ業者に、こちらのニーズに合ったサービスを適正な価格で依頼するためには、ハウスクリーニング業者がどのようなサービスを、どのくらいの料金で引き受けてくれるか、あらかじめサービス内容や料金の相場について調べておく必要があります。

その上で、「ここなら安心して仕事をまかせられそうだ」という業者を幾つか選んで、それぞれから見積書をもらって比較検討するのが、ハウスクリーニング業者選びの定石といえるでしょう。

ハウスクリーニング業者を選ぶ際の注意点

業務用掃除機 - ハウスクリーニングの料金相場

ハウスクリーニング業者のサービスは、大きく分けて「家事代行型」と「専門型」の2種類に分かれます。

「家事代行型」は比較的簡単な、家庭で日常行われるお掃除の作業を肩代わりしてくれるもので、時間や日にちを決める定期プランが多いようです。

「専門型」は、特殊な器具や機械、業務用の洗浄剤などを使って、家の汚れをプロの技で徹底的にクリーニングしてくれます。

また、キレイにする場所によって、サービスはさらに「バックサービス」と「スポットサービス」の2種類に分かれます。

「パックサービス」は、お部屋限定やキッチン限定、水回り限定など、一定のエリア内をキレイにするもので、最近は家一軒を丸ごとキレイにする「一軒丸ごとクリーニング」といったサービスも人気になっています。

「スポットサービス」は、キッチンのレンジフード、エアコン、フローリングなど特定の部分だけキレイにするもので、複数のスポットをセットメニューしたサービスを提供している業者もあります。

こうしたサービスのなかから自分のニーズに合ったサービスをあらかじめ見極めておけば、業者選びで悩まなくて済みます。

ハウスクリーニング業者 - ハウスクリーニングの料金相場

ただし、見積書に書かれた価格の安さばかりに目をとられてしまうと、経験の浅いスタッフやアルバイトを派遣する業者や、安くて質の悪い洗浄剤などを使う心無い業者も残念ながら存在します。

料金が良心的だと思って依頼したら、別料金の作業が次々に出てきて法外な追加料金を請求される、といったことも実際にあるようです。

ハウスクリーニングサービスを利用する際は、料金だけでなくスタッフの熟練度やサービスの内容などをしっかりと確認して仕事を依頼するよう気をつけなければなりません。

最も重要なのが、見積もりの取り方です。

電話での見積もり依頼は、概算の金額しか教えてくれないので、実際に作業に入ってから追加料金が発生する恐れがあります。

実際に現場を見てもらって細かい見積書を作成してもらうのが一番安心できます。

その際、口頭での約束だと後でトラブルの原因になりかねないので、きちんとした見積書を提出してもらいましょう。

次に気をつけたいのが、業者とのコミュニケーションです。

こちらの要望をしっかりと伝えるのに加えて、作業の範囲、どんな人が作業にあたるのか、どのような作業をするのか、どのような道具や洗浄剤を使うのかといった細かい内容を説明してもらいましょう。

さらに注意すべきなのは、業者の信頼性です。

インターネットでホームページを見るだけでは、その業者の信頼性を測るには不十分です。

いろいろとネット検索してみれば、その業者についての口コミや評判が見つかる可能性があります。

また、仕事ぶりの悪い業者や心無い業者は必要な損害賠償保険に未加入であることが少なくないので、保険加入については必ず確認するようにしましょう。

例えば、NPO法人日本ハウスクリーニング協会に優良企業として認定されている業者なら、安心して仕事を依頼することができます。

関連記事はこちらから!