ハウスクリーニングサーチ

 >   >   >  風呂掃除には欠かせないたわし

風呂掃除には欠かせないたわし

掃除後はたわしの水を切って乾燥させると、痛みを抑えられます。

風呂でも台所でも、掃除に活躍するのが、たわしです。一般的によく使われているのが、亀の子たわしです。このたわしはヤシの繊維を束ねたものです。亀の子という名前は、子亀に形が似ていることから命名されました。最近では野菜洗いように海外でも売れてるそうです。たわしは使ったあとそのままにしておくと、痛みが早くなります。水を切って、干しておきましょう。もしゴミが取れなくなってしまった場合には、もうひとつたわしを用意してこすり合わせれば取れやすくなります。カビの掃除に使ったあとなど消毒したい場合には、熱湯消毒するか、酸素系漂白剤につけてください。また、浴室掃除ではアクリルたわしもよく使われています。アクリル毛糸で編まれたアクリルたわしは、洗浄力が高く、洗剤なしでもある程度の汚れを落とすことができます。

関連画像はこちらから!

« お風呂掃除のコツ