ハウスクリーニングサーチ

 >   >   >  汚れのタイプに合わせて選ぶ洗浄剤

汚れのタイプに合わせて選ぶ洗浄剤

汚れに適した洗剤選びは、道具選び以上に重要なポイントになります。

出展 : 緑の魔女シリーズセット

汚れに適した洗剤選びが風呂掃除のポイントです。水あか・湯あか、金属石けん・銅石けんの汚れは、浴室用中性洗剤とスポンジでこすり洗いし、しばらく置きます。こうすると洗剤が汚れに浸透し、柔らかくなるのです。これで簡単に汚れが落ちます。それでもだめな場合には、クレームクレンザーを使います。中に研磨剤が含まれており、こすることで汚れを削り落とします。傷付きやすい材質の浴槽などには使わないよう注意してください。アルカリ性の重曹、酸性のクエン酸は、皮脂汚れや石けんカスなど頑固な汚れを分解します。塩素系の漂泊剤は、浴槽やシャンプーボトルなどの黒ずみの分解・除去します。 浴室用中性洗剤やクリームクレンザーで落ちないカビについては、塩素系のカビ取り剤を用います。ガンコでなかなか落ちないカビに対しては、溶剤を含んだより強力なカビ取り剤で溶かして落とします

関連画像はこちらから!

« お風呂掃除のコツ