ハウスクリーニングサーチ

 >   >   >  水あか汚れがつきやすい浴室の鏡

水あか汚れがつきやすい浴室の鏡

浴室の鏡の汚れは、カルシウムとマグネシウムから成る水あかです。

浴室の鏡の汚れに気付いて拭いてみても、簡単には落ちません。実はこの汚れ、水あかです。水あかの正体は、水道水のカルシウムとマグネシウムです。風呂上がりに窓を開けて浴室が乾燥すると、水分は蒸発しますが、水道水に含まれていた微量のミネラルが残ります。これらが硬化したものが水あかです。カルシウムとマグネシウムは中性~アルカリ性の一般的な洗剤では落とせません。酸性に弱いので、酢を使って落とします。一般家庭で使われている酢は身近な酸性溶液なのです。ぞうきんなどに酢を染み込ませ、馴染ませるようにして鏡を拭きます。硬くなってこべりついた水あかには、ガーゼやキッチンペーパーに酢を含ませて貼ります。その上からラップで覆って2~3時間放置します。これでたいていの水あかは落ちます。水あかをつけないようにするためには、鏡に水分を残さないようにするのが肝心です。浴室から上がるとき、ゴムへらなどで水分を拭き取り、丁寧に乾拭きします。これで水あかは寄り付きません。

関連画像はこちらから!

« お風呂掃除のコツ