ハウスクリーニングサーチ

 >   >   >  傷を付けないよう注意が必要な浴槽

傷を付けないよう注意が必要な浴槽

浴槽の掃除手順は、シャワーをかける、洗剤つきのスポンジで洗う、乾燥、乾拭きです。

浴槽の表面に固まった湯あかを落とすには、まず熱いシャワーでお湯をかけて汚れを浮かせます。それから中性洗剤をつけたスポンジでこすり洗いし、しばらく放置したのち洗い流します。最後は乾拭きして水分を拭き取り、カビの繁殖を抑えます。なかなかとれない汚れには、クレームクレンザーが有効です。ただし、クレンザーに含まれる研磨剤で浴槽傷つけないよう注意が必要です。ポリエルテル製、ステンレス製の浴槽は特に気を付けます。いったん傷がつくと汚れ落ちにくくなりますので、目に沿って洗うようにします。細かい研磨剤を使っていて傷つきにくいクレンザーを利用するのもいいでしょう。クエン酸または重曹を使った掃除法であれば、クレンザーに比べて浴槽を傷つける危険性が減ります。クエン酸も大理石や鉄に対しては酸化させてしまうので、これらの浴槽には使わないでください。

関連画像はこちらから!

« お風呂掃除のコツ