ハウスクリーニングサーチ

 >   >   >  掃除を忘れがちなシンク下のキャビネットの内部

掃除を忘れがちなシンク下のキャビネットの内部

シンク下のキャビネット内部はカビの発生に注意が必要です。

シンク下のキャビネット内部は、特にカビに対する注意が必要です。扉は普段閉めたまま、頻繁な開け閉めがないため、風の出入りがありません。この空気が動かないという環境をカビは好みます。また、カビの発生要因には高温・多湿がありますが、その条件もキャビネット内部には揃っています。上でお湯を使うと、キャビネット内の配管にも熱が伝わります。この熱が周囲の温度を上げます。また、キャビネットが金属製の場合、より内部に熱がこもりやすくなります。こうした環境でカビは発生します。カビが生えたキャビネットの中に、柄が木製の鍋を入れておくとそこがカビてしまうことも。木製もまた水分を吸収しやすく、乾燥しにくいというカビにとっての好条件がそろっているのです。

関連画像はこちらから!

« キッチンの掃除