ハウスクリーニングサーチ

 >   >   >  表面と内部の掃除が必要なキッチンキャビネット

表面と内部の掃除が必要なキッチンキャビネット

キッチンキャビネットは、表面に汚れ、内部にホコリを掃除します。

キッチンキャビネットの表面の汚れは、レンジから飛び散った油、
食材の下拵えの際の食品などによるものです。キャビネット内部にはホコリがたまり、カビが生えることも。もし中にカビがはびこっていたら、エタノールや除菌スプレーを噴霧してからきれいなクロスで拭き掃除します。カビ予防には、扉や引き出しを毎日、一定時間開放して中を乾燥させるとよいでしょう。内部や引き出しの掃除は、掃除用中性洗剤(油汚れがひどい場合は油汚れ用洗剤)とスポンジまたはクロスでこすり洗いします。引き出しの取っ手など細かい部分は、割りばしに布を巻き、その先に台所用洗剤(中性)を含ませて掃除します。最後は、水拭き・乾拭きで仕上げてよく乾かしましょう。表面こびりついた油汚れが取れない場合には、油汚れ用洗剤を塗り付け、さらにその上から洗剤を含ませたキッチンペーパーをかぶせます。この状態でしばらく置いてから、台所用お掃除シートなどで拭き取します。これでも汚れが落ちない場合は、洗剤の代わりに重曹を使います。

関連画像はこちらから!

« キッチンの掃除