ハウスクリーニングサーチ

 >   >   >  掃除の役割分担を決めます

掃除の役割分担を決めます

掃除の役割分担は、参加者の体格や力、掃除の経験によって決めます。

事前に大掃除の作業を役割分担しておくと、当日スムーズに進めることができます。掃除の役割分担は、参加者の体格や力、掃除慣れしているかどうかによって決めます。体格の良い男性であれば、重いものを動かす・運ぶ、高い場所の掃除、力を必要とするしつこい汚れ落としなどです。主婦など普段から掃除慣れしている人には、方法やコツを知らなければできない掃除、取り扱いに注意が必要な洗剤を使った掃除を担当してもらいます。小さい子どもは、低いところで、危険性が少ない作業が基本です。小さい体を利用して、狭い場所を掃除してもらうのもいいでしょう。こうしてお互いの作業がはっきりすれば、並行できる作業は並行して行えるようになります。例えば床掃除の場合、掃除機係、水拭き係、乾拭き係がグループとなって作業し、どんどん次の部屋に作業を進めていけば、短時間で一気に作業を終えられます。その間に洗濯係が使用したぞうきんを洗濯するようにすれば、さらなる時間短縮になります。

関連画像はこちらから!

« 年末年始掃除のコツ