ハウスクリーニングサーチ

 >   >   >  古い歴史を持つ大掃除

古い歴史を持つ大掃除

江戸時代の大掃除は旧暦の12月13日、「事始めの日」に行われていました。

大掃除はいつ頃から始まったのでしょうか。そもそも掃除という概念が日本に伝わってきたのは、大化の改新の頃の飛鳥時代だとされています。中国より伝わった仏教思想により、宮中の貴族層に掃除が浸透しました。それが庶民の間にまで広まったのは平安時代のことです。この時代の大掃除は宮中行事であり、「煤(すす)払い」と呼ばれていました。煤払いは今でも神社仏閣で行われていますね。江戸時代には、「台所(当時は「かまど」)を汚くしていると、その家の運も逃げてしまう」という言い伝えがあり、かまどは特に念入に掃除されました。江戸時代の大掃除は旧暦の12月13日でした。お正月の準備を始める「事始め」の日がこの日だったからです。大掃除は、新しい年に年神(としがみ)様を迎えるための大事な行事でした。現在では、その年家内に溜まった汚れを洗い落と落とし厄を祓う一方で、新年に向けて気持ちを前向きに切り替えることも大掃除の重要な目的となっています。

関連画像はこちらから!

« 年末年始掃除のコツ