ハウスクリーニングサーチ

 >   >   >   >  T字モップとバケツの活用

T字モップとバケツの活用

モップで床を拭くときは横振りが基本、ターンするときは8の字です。

出展 : 気分があがるちょこちょこ掃除

昔からよく使われているのは「T字モップ」です。帯状のブリキで房糸が台木に固定されています。モップで床を拭くときは、横振りが基本です。横振りの動きは疲れにくく、ゴミが残りにくい(縦振りは折り返しでゴミが残りやすい)というメリットがあります。壁際まで行ってターンするときだけ、8の字に振ります。モップの振り幅は身長や手の大きさで異なりますが、120~150cmくらいがよいでしょう。しっかり脇を閉めて振ると、疲れにくいくなります。モップの毛先を内側に向けるとゴミが残りやすいので、外側に向けるようにします。もし汚れが取れにくければ、台木部分に力を入れます。そのうちモップの片面が汚れてきたら、反対の面を使います。

関連画像はこちらから!

« ベランダ掃除のコツ