キッチンの掃除

お掃除テクニック

家の水回りのなかで、特に汚れを溜め込みやすい場所がキッチンです。キッチンが汚いままだとお料理を楽しめませんし、洗いものも面倒くさくなってしまいます。そこで、キッチンを掃除してキレイな状態をキープするためのポイントを解説します。

キッチンは汚れが溜まりやすい

キッチンは日々利用する場所なので、放っておけばすぐに汚れが蓄積されてしまいます。

例えば、ピカピカに輝いたステンレスのシンクは清潔感にあふれて気持ちがよいものです。

しかし、シンクは様々な食材の汚れ、魚や肉の脂、野菜の泥や汚れ、油や調味料などが付着する危険性を常にはらんでいます。

ちょっと油断すればシンクにヌメリや水あかだけでなくサビまで浮いてきてしまうことがあります。

使う度にこまめにお手入れしておかないと、キッチン内のあちこちに油煙や油の飛沫、食品のカス、水あか、カビといった目立たない汚れがどんどん溜まっていきます。

そうなると、汚れが目立ち始めて、いざ掃除しようとなった時に汚れがなかなか落ちないことに気がついて、日々のお手入れを怠っていたことを後悔することになります。

キッチン掃除の主な対象箇所 - キッチンの掃除

キッチンをキレイな状態に保つことができれば、毎日のお料理がより楽しくなります。

そして、面倒な洗いものが苦にならなくなくなるどころか、楽しいものに思えてきたりします。

そうなるためには、一度キッチンを徹底的に掃除してしまい、その後は日々のお手入れでキレイな状態をキープできる状態にする必要があります。

キッチンの掃除で特に重要なポイントは、

●「使ったらキレイにする」習慣を身につけて、汚れを溜め込まないようにする

●キッチンの汚れやすい部分と汚れの種類を知り、それに適した掃除方法を知る

の2つといえます。

そこで、キッチン内の汚れやすい部分とそれぞれの汚れの種類別に日々のお手入れのコツと、より丁寧なお掃除方法について解説します。

目次へ戻る

換気扇・レンジフード

換気扇やレンジフードの掃除で主たる“敵”となるのは、油煙が運ぶ油分が蓄積された油汚れです。

換気扇やレンジフードのお手入れをさぼっていると、次第に油汚れが溜まっていきます。

ファンやフィルター、ハウジング(本体内部のファンが収まっているスペース)の内部、レンジフードなどにこびりついた油汚れが硬く固まってしまうと、生半可な方法では落とすことができません。

油汚れ用洗剤とスポンジ・たわしでこすり洗いしても汚れを落とせなくなっていたら、その部分が外せる場合は取り外して、油汚れ用洗剤を溶いた熱めのお湯にしばらく漬け置いて、汚れが柔らかく緩んでからクレンザーとたわし・ブラシでこすり洗いすれば落とせます。

それでも落ちない汚れは、重曹を溶いたお湯に漬け置くと、より落ちやすくなります。

レンジフード - キッチンの掃除

ただし、レンジフードのハウジングにクレンザーを使うと傷がつくので、研磨剤の入っていない洗剤を使用されるべきでしょう。

また、レンジフードのなかにはシロッコファンがアルミ製の製品があり、その掃除にアルカリ性の重曹を使うと腐食する恐れがあるので、中性の洗剤をご使用ください。

普段のお手入れでは、レンジなど加熱調理器を使用した直後に掃除するのがコツです。

なぜなら、高温の排気に運ばれて付着した直後の油汚れは、まだ柔らかいからです。

冷えて固まる前の油汚れは、洗剤を使用しなくても水拭きやペーパータイプのキッチン用おそうじクロスなどで落とすことが可能です。

普段から換気扇やレンジフードのフィルターに装着できる油汚れ予防用のフィルターを使えば、ファンなどへの油汚れの堆積を、定期的なお手入れで取り除ける程度に抑えることができます。

なお、換気扇・レンジフードを掃除する際は、必ずスイッチを切り、念のため電源を抜いてから行うよう注意してください。

換気扇の掃除についてはこちらで詳しく解説しています。

レンジフードの掃除についてはこちらで詳しく解説しています。

目次へ戻る

レンジまわり

毎日の煮炊きなどに使うレンジまわりの掃除で主な敵となるのは、揚げ物などをする際に飛び散った油汚れと煮こぼれなどの焦げ付きの2つです。

油汚れも焦げ付きも、五徳や魚焼きグリルの焼き網などに付着して間もないと、洗剤とスポンジ・たわしでこすり洗いするだけで落とせますが、放置しておくと硬くこびりついてしまい、どんどん取れにくくなっていきます。

また、煮こぼれなどでレンジのバーナーや五徳、天板などに塩分が付着すると、金属にサビが生じて早く傷んでしまうので注意が必要です。

レンジが載っているキャビネットやレンジまわりの壁や天井、床、窓も、放っておくと油分でベタついたり黄ばんだりします。

さらにそこにホコリがこびりついて溜まっていくので、どんどん汚れがひどくなっていきます。

毎日お料理をする度に、レンジまわりを水拭き・乾拭きすることを習慣づければ、油分や焦げ付き、サビの原因となる煮こぼれなどの汚れをこびりつかないうちに取り除くことができます。

レンジ本体の掃除はお掃除用の中性洗剤(IHヒーターはガラストップ洗剤)とスポンジ・たわしでこすり洗いしてから、濡れぞうきんで洗剤を拭い取り乾拭きで仕上げるのが基本です。

ガスレンジ - キッチンの掃除

油汚れや焦げ付き、煮こぼれなどが特に付きやすいバーナーや五徳、グリルの焼き網などは、外れるものは取り外して、お掃除用クリームクレンザーでまんべんなくこすり洗いします。

それでも落とせない場合、重曹を溶いたお湯に漬け置きすると汚れが落ちやすくなります。

漬け置いている間にレンジの天板や前面、スイッチ、レンジ周りの壁などを油汚れ用洗剤で拭き掃除をすれば、作業の効率化を図ることができます。

100ccに重曹小さじ1杯程度(5g)を溶いた熱めのお湯にしばらく漬け置いてからブラシやたわしでこすり洗いすると、あんなに頑固だった汚れが簡単に落ちてくれます。

それでも落ちない場合は、大き目のナベに五徳などを入れ、重曹を溶いたお湯で10分ほど煮立てれば、汚れが浮いてブラシなどでキレイに落とせるようになります。

五徳やバーナーなどに油汚れや焦げ付きが分厚く固まっていた場合は、洗剤や重曹水をスプレーしてしばらく置いてから掃除用ヘラ(スクレーパー)などで汚れを削り落としておくと、その後の作業が楽になります。

その上から洗剤や重曹水を含ませたキッチンペーパーなどを貼り付ける“湿布”を行うと、さらに効果がアップします。

なお、金属やナイロンのたわし、研磨剤を使うとレンジを傷つけてしまうので、柔らかいクロス(布)やスポンジ、たわし、中性洗剤を使用し、アルカリ性の重曹を使用した後は、重曹を十分洗い流してしっかり乾燥させるようご注意ください。

ガスレンジの掃除についてはこちらで詳しく解説しています。

目次へ戻る

冷蔵庫

キッチンの掃除のなかで意外に手間がかかるのが冷蔵庫のお掃除です。

冷蔵庫は食材を保存しておく場所なので、常に清潔に保っていたいものですが、食材を保存する場所であるが故に、汚れがすぐに溜まる場所でもあります

冷蔵庫のお掃除で敵となるのはカビや菌、ニオイ、食品カスです。

特に庫内のカビや菌は食中毒の原因にもなりかねないので、毎日のお手入れでその増殖を予防する必要があります。

衛生面から見て常日頃のお手入れが、冷蔵庫の場合はキッチン内のどの場所よりも大切ということができます。

冷蔵庫のお掃除では「外側」「庫内」「取り外し可能な部品」の3つが対象になります。

外側にはこぼれた食品やレンジから飛び散った油が付着しやすく、また、脇や裏側にはホコリが付着しやすいので、毎日、キッチンを使用する度に水拭きやキッチン用お掃除シートなどでキレイにする習慣を身に着けたいところです。

冷蔵庫 - キッチンの掃除

日頃のお手入れでは、庫内の食材や調味料などを片側に寄せるか、または取り出して、除菌クリーナーやエタノール(エチルアルコール)を内部にスプレーし、キッチン用お掃除シートなどで乾拭きして十分乾燥させます。

日頃のお手入れの際に食材や調味料などの賞味期限や過不足、状態をチェックすれば一石二鳥です。

庫内の汚れがひどい場合は、中のものをすべて取り出し、卵ケースや野菜ボックス、引き出しや仕切りなど外れるものはすべて取り外します。

そしてシンクや、シンクの容積が足りない場合は浴槽に台所用の塩素系漂白剤を薄めたぬるま湯(ぬるま湯5Lに対し漂白剤50cc程度)をはり、取り外したものを漬け置きします。

外した部品を漬け置いている間に、庫内のすみずみに除菌クリーナーやエタノールをスプレーし、キッチン用お掃除シートなどで乾拭きして十分乾燥させます。

漬け置きが終わった部品は、お湯から取り出して漂白剤を水でよく流し、十分乾かしてから元に戻します。

庫内や部品の汚れがこびりついて落ちにくくなっていた場合、スポンジやたわしなどで手荒くこすると樹脂の表面に傷がついて、そこにカビの胞子や菌が入り込んで後に増殖する恐れがあります。

キッチンペーパーや柔らかいクロスに除菌クリーナーを染み込ませてこすり洗いすると、樹脂の表面を傷つけずに汚れを落とすことができます。

カビの掃除についてはこちらで詳しく解説しています。

目次へ戻る

電子レンジ

電子レンジも汚れが溜まりやすい場所で、お掃除ではターンテーブルにこぼれたり加熱時に内側に飛び散ったりした食品カスが最大の敵となります。

使用する度に内側やターンテーブルを台所用お掃除シートなどで拭き掃除することを電子レンジの使用ルールにすると、汚れの付着を予防できます。

汚れの付着がひどかった場合、ターンテーブルは取り外して、食器用洗剤とスポンジ・たわしでこすり洗いすることができますし、食洗器でも洗うことができます。

電子レンジ - キッチンの掃除

その際、ターンテーブルはよく乾かしてから元に戻しましょう。

内側は、軽く絞った濡れふきんを2~3分加熱し、そのふきんで拭き掃除すると、水蒸気で汚れが柔らかく緩められているのでキレイに落とすことができます。

その際、ふきんに含ませる水にレモン果汁を混ぜておくとニオイ予防になりますし、重曹を混ぜておくとこびりついた汚れが落としやすくなります。

目次へ戻る

シンクまわり

シンクまわりには、水が原因で生じる汚れが集中します。

シンクまわりのお掃除での大敵は、シンクや水栓金具の水あかとサビ、排水口のヌメリと臭気です。

水あかは、放っておくと次第に硬く堆積し、水あか除去専用クレンザーなど特殊な洗剤で研磨しないと落とせなくなってしまいます。

また、ヌメリと臭気の原因は油分やカビ・菌の増殖なので、通常の汚れ落としに加えて油分の除去と除菌が必要になります。

シンクまわりのお掃除は、できる範囲でよく、簡単な掃除でよいので毎日行うようにしたいものです。

そして週に1回程度、念入りな掃除を行うようにすれば、清潔なシンクを保つことができるようになります。

シンクと水栓金具 - キッチンの掃除

例えばシンクは一度キレイにしてしまえば、後は水滴を乾いたクロスやキッチンペーパーなどでざっと拭い取るだけで見た目のキレイさをキープすることができます。

シンクまわりのお掃除は、お掃除用中性洗剤とスポンジ・たわし(水栓金具には歯ブラシ)によるこすり洗いで水あかやサビの原因となる塩分を除去することがセオリーです。

日頃のお手入れでは、こすり洗いして水でサッと流して乾拭きするだけで十分ですが、水あか汚れやサビが目立つ場合は、クリームクレンザーとブラシ・たわしでこすり洗いする必要があります。

その際、あまり強くこすり過ぎると表面に傷がついて新たなサビの原因となるので、クレンザーを泡立ててからしばらく時間を置いて汚れを浮き上がらせた後、やさしく時間をかけてこすり洗いしましょう。

お湯に塩素系漂白剤を混ぜて(お湯2Lに対し漂白剤8g程度)、それでこすり洗いすると、より効果があり、除菌にもなります。

なお、ステンレス製のシンクや水栓金具の掃除で金属・ナイロン製のたわしや研磨剤入りクレンザーを用いると、ステンレスの表面に傷がついてサビ付きの原因になるので、中性洗剤で落ちない汚れにはお掃除用の重曹スプレーなどを使われるとよいでしょう。

また、ステンレス以外の材質(樹脂製、ホーロー製)の製品は、重曹を用いると傷や剥離などの原因となるので、中性洗剤をご使用ください。

シンクの排水口 - キッチンの掃除

排水口やゴミ受けのヌメリ取りも、クリームクレンザーとブラシ(細かい部分には歯ブラシ)やたわしによるこすり洗いがセオリーですが、油汚れやニオイがひどい場合は、クレンザーに代えて重曹とお酢でこすり洗いすると、ヌメリ取りと除菌を一緒に行えます。

油汚れ専用洗剤でこすり洗いした後、塩素系漂白剤をたっぷり振り注いで水で流して除菌されるのもよいでしょう。

配管用洗浄剤を使用したり、お掃除用に市販されている重曹とクエン酸の水溶液を同時に注ぐと、発泡する泡で排水口の奥から配管までキレイにできます。

見逃しがちなのがシンクの下の水受けトレーで、これが設置されている場合は、最低でも週に1回は溜まった水を捨てて、簡単でよいのでお手入れしましょう。

目次へ戻る

キャビネット・調理台・食器棚

シンクやレンジが設置されているキャビネットやキャビネットの上の調理台には、レンジから飛び散った油や食材の下拵えの際の食品カなどの汚れが付きやすく、キャビネットや食器棚の内部にはホコリが溜まったりカビがはびこったりして、お掃除の際の難敵となっています。

キッチンキャビネット - キッチンの掃除

特にまな板や調理台にカビ・菌が繁殖すると食中毒の原因となるので、汚れ落としに加えて除菌が必要になります。

まな板や調理台は塩素系漂白剤を混ぜた水でこすり洗いすると、汚れ落としと除菌を同時に行えます。

まな板の除菌 - キッチンの掃除

キャビネットや食器棚の前面や側面、扉を開いた内側や引き出しの中は、お掃除用中性洗剤(油汚れがひどい場合は油汚れ用洗剤)とスポンジまたはクロスでこすり洗いした後、水拭き・乾拭きで仕上げてよく乾かすのが定石です。

キャビネットにこびりついた油汚れが取れない場合は、油汚れ用洗剤を塗り付け、さらにその上から洗剤を含ませたキッチンペーパーで“湿布”して、しばらく置いてから台所用お掃除シートなどで拭き取ると、よく落とすことができます。

それでも汚れが落ちない場合は洗剤に代えて重曹を使用されると、より効果があります。

シンク下のキャビネットの内部 - キッチンの掃除

キャビネットや食器棚の内側や引き出しの中のカビ予防には、扉や引き出しを毎日、一定時間開放して中を乾燥させる習慣をつけるとよいでしょう。

特に食器棚は、洗った後、よく乾かさない食器を元に戻すとカビの原因になるので、注意が必要です。

食器棚の内側や引き出しの中にカビがはびこっていた場合、エタノールや除菌スプレーを噴霧してからきれいなクロスで拭き掃除すると、カビ取りとカビ予防を同時に行えます。

カビの掃除についてはこちらで詳しく解説しています。

目次へ戻る

床、壁、窓、天井

目次へ戻る

キッチンの床や壁、天井、窓も、定期的にお掃除する必要があります。

床には食品カスだけでなくレンジから飛び散った油やシンクから飛び散った水などが付着します。

壁や天井、窓ガラスの内側にも、レンジまわりやシンクまわりに限らず油やカビが付着し、そこにホコリが溜まっていき、放っておくと汚れがどんどん目立つようになっていきます。

ホコリやカビが溜まりやすいキャビネットと冷蔵庫の隙間、冷蔵庫の裏側の壁、窓のサッシやパッキンといった部分は汚れが目立ちにくく、また掃除もしにくいので、定期的にお掃除しないと汚れを溜め込んでしまいます。

特に冷蔵庫の下はゴミやホコリが溜まりやすいので、柄付きダスター(ホコリなどを吸着する特殊な紙ぞうきん)などでキレイにしたい場所です。

できれば毎日、住宅(リビング)用洗剤とぞうきんで拭き掃除したいところですが、それも大変なので、普段のお手入れでは最低、床とレンジまわりの壁だけは調理の度に水拭きするようにしましょう。

キッチンの床・壁・窓 - キッチンの掃除

一度思い切って大掃除して、その後は毎日、最低限のお手入れでキレイな状態をキープできるようになれば最高です。

大掃除の際は、食卓や椅子、食器棚など動かせるものはキッチンから運び出し、冷蔵庫も場所をずらすなどして、汚れている部分をむき出しにします。

そして、油汚れには油汚れ用洗剤、カビには塩素系カビ取り用洗剤、窓には窓ガラス用洗剤と、汚れに合わせて洗剤を使い分けて、スポンジやたわし、お掃除シートなどで丁寧にすみずみまで拭き掃除しましょう。

そして掃除を終えたらドアや窓をしばらく開放し、換気扇を回して室内を換気して乾燥させてから、運び出したり移動させたものを元の状態に戻します。

窓ガラスの掃除についてはこちらで詳しく解説しています

カビの掃除についてはこちらで詳しく解説しています。

目次へ戻る

急な大掃除にはハウスクリーニングがおすすめ

キッチンにはシンクやレンジなどさまざまな設備機器が設置されています。

そのため、それぞれの用途によって生じる汚れが異なり、掃除方法も異なります。

また、キッチンは、さまざまなものが置かれているので狭いように見えますが、実は意外に広く、その掃除には予想外に手間と時間がかかるものです。

キッチンの掃除で疲労困憊する女性 - キッチンの掃除

日頃のお手入れも、例えば調理台など毎日キレイにする必要がある場所を除き、キッチン内をパート分けして順番に行うといった工夫をすれば、負担が減って苦にならなくなります。

大掃除なども、複数回に分けて行われるとよいでしょう。

ホームパーティーなどキッチンの大掃除の必要に迫られて時間や人手が足りない時などは、ハウスクリーニングの利用がおすすめです。

目次へ戻る

関連記事はこちらから!

ハウスクリーニングサーチのイチオシ業者

クリーンクルー関東

参考価格(ハウス)
19,800

ハウスクリーニングの専門家、東京のおそうじはクリーンクルー
クリーンクルーにおそうじはお任せ!家庭・法人向けに、水回りの頑固な汚れ、臭いも掃除し、エアコン洗浄(エアコンクリーニング)も行います。キッチン掃除、換気扇掃除、レンジフード掃除、浴室、トイレなどの他、フローリング(床)、窓(サッ…

営業時間
9:00~19:00
定休日

クリーンクルー関西

参考価格(ハウス)
19,800

ハウスクリーニングの専門家、大阪のおそうじはクリーンクルー
クリーンクルーにおそうじはお任せ!家庭・法人向けに、水回りの頑固な汚れ、臭いも掃除し、エアコン洗浄(エアコンクリーニング)も行います。キッチン掃除、換気扇掃除、レンジフード掃除、浴室、トイレなどの他、フローリング(床)、窓(サッ…

営業時間
9:00~19:00
定休日