窓ガラス掃除のコツ

お掃除テクニック

窓ガラス掃除をできるだけ簡単・短時間に

ガラス窓 ハウスクリーニングー窓ガラス掃除

窓ガラスは汚れが目立つ部分であり、お部屋のお掃除では力を入れたい部分です。

窓ガラス掃除は、
 ①窓用洗剤とスポンジ・ぞうきんでこすり洗い
 ②濡れぞうきんで水拭き(洗剤の拭き取り)
 ③乾いたぞうきんで乾拭き(水気取り)
が作業の基本です。

一見、簡単な作業のように思えますが、これが意外に重労働!

段取りや要領が悪いと予想以上に労力と時間がかかってしまいます。

でも、事前にチェックすべきポイントやコツ・裏ワザを知っていると、作業を段取り良く楽に終わらせることが十分可能です。

掃除に取り掛かる前に要チェック!

“お掃除日和”に作業する

天気が悪いとつい「天気がよくなってから」と先延ばしにしいがちですが、天気が悪い日こそ窓ガラスの“お掃除日和”です。

天気のいい日は窓ガラスの汚れが乾燥していて落としにくく、拭き跡がすぐに乾いて新たな汚れになりがちですが、天気の悪い日は湿度が高く、汚れが湿気を吸って柔らかくなるので落としやすくなります。

雨の日の窓ガラス ハウスクリーニング-窓ガラス掃除

窓枠、サッシ、ブラインド、網戸も要チェック

窓枠の隅やサッシのレール内にホコリやカビが溜まっていたり、ブラインドや網戸にホコリやカビがこびりついていると、風に吹かれてホコリやカビリが室内に入ってきてしまいます。

ホコリやカビはアレルギーの原因)になるので、美観だけでなく健康面でも窓枠、サッシ、ブラインド、網戸の掃除を欠かすことができません。

道具・洗剤の準備を怠らない

必要な道具や洗剤が手許にない状態で作業を始めると、探しに行ったり買いに出かけたりして作業が中断し、余分な手間と時間がかかってしまいます。

道具・洗剤の準備は作業を効率的に、一気に最期まで進めるための重要なポイントなので決して怠ってはいけません。

窓ガラス掃除に必要な道具と洗剤
  • ウェス(使い古しのタオルなど)またはぞうきん(ガラスの水拭き用、乾拭き用に最低2枚)
  • バケツ
  • スポンジたわし(網戸用)
  • 刷毛またはブラシ(窓枠の隅やサッシのレール用)
  • 歯ブラシまたは割りばしと布きれ(〃)
  • 窓ガラス用洗剤(アルカリ性)
  • 掃除用洗浄剤
  • カビ取り剤
あると便利なもの
  • スクイージー(掃除や洗車に使う片手持ちの水切りワイパー)
  • メラミンフォーム(ガンコな汚れ落としに)
  • 塩(研磨剤代わりに)
  • 窓ガラス用コーティング剤(汚れ予防に)
スポンジと洗剤 ハウスクリーニング掃除-窓ガラス掃除

“新聞紙”よりも“スクィージー”の方が省力・時短の役に立つ

窓ガラス掃除の裏ワザとして、新聞紙をぞうきん代わりに使うとよりキレイになることが知られていますが、省力・時短の役に立つかというと、ちょっと疑問です。

新聞紙だけでガラスを隅々まで磨き上げるのは結構しんどい作業で、労力と時間の面では上記の基本的な洗い方とあまり変わらないように思えます。

また、使用後の新聞紙のゴミを捨てる手間と時間、そしてゴミ袋が必要になります。

省力・時短の面では、例えば上で紹介した「スクイージー」の方が役に立ちます。

スクイージーは、洗剤でこすり洗いした後、濡れぞうきんで水拭きした後のガラスに当てて、縦横に引いて洗剤や水気を落とすのに使います。

慣れると手早くムラを残さずキレイに落せるようになって作業の効率がぐんとアップします。

スクィージー ハウスクリーニング-窓ガラス掃除

窓ガラス掃除のコツ

窓ガラスの汚れは内側と外側で違う

窓ガラスの汚れは、基本的に内側は人が触ったことによる手垢やキッチンの油、室内のホコリなどの汚れ、外側は車の排気ガスのスス、花粉、細かい砂、雨などによる泥などの汚れです。

基本的に、内側の汚れは市販の窓ガラス用洗剤で落とせます。

また、外側の汚れは水拭き・乾拭きで十分で、可能であればコーティング剤などで拭くと汚れが着くのを予防できます(水拭きの際、水に台所用洗剤を一寸入れるとよりキレイになります)。

ブラインド ハウスクリーニング-窓ガラス掃除

窓枠、サッシ、ブラインド、網戸をキレイに

窓枠やサッシはホコリが溜まりやすく結露でカビが繁殖しやすいので、放っておくと隅の方から黒ずんできます。

黒ずみの主な原因であるカビの除去には、塩素系のカビ取り剤が一番効果的です。

レール内のホコリやカビは乾いた状態で刷毛またはブラシ(細かいところは布きれを巻いた割りばし)で掻き出し、掃除機で吸い取ってしまいましょう。

ブラインドの掃除は手や腕を切りやすいので、必ず長袖を着て手袋をはめて行いましょう。

ブラインドにはホコリが油やタバコのヤニなどに混じってこびりついていたり、また、浴室のブラインドにはカビが繁殖していたりするので、掃除用洗浄剤とブラシ・たわしでこすり洗いしたいところです。

ブラインドを外せる場合は丸洗いできますが、外せない場合は、まず掃除機やモップ、乾いたぞうきんなどでホコリを丁寧に除去してから、掃除用洗浄剤をまんべんなくスプレーして30分ほど放置し、汚れが浮いたらぞうきんで水拭き・乾拭きします。

窓ガラス掃除の裏ワザ

  • 黒系の服を着て掃除すると、ガラスに映った服をバックに汚れや拭き跡が目立って見つけやすくなります。
  • 外側を先に掃除すると、光線の加減で内側の汚れや拭き跡を見つけやすくなります。
  • 内側と外側で拭く方向を変えると(例えば内側は左右、外側は上下)拭き跡がクッキリと目立ちます。
  • 窓ガラスの隅の汚れは塩で擦ると研磨剤になってよく落ちます。
  • 洗剤をかける前に窓ガラスを玉ねぎの半身で軽くこすっておくと、玉ねぎの粘り気を含んだ水分が保湿剤の働きをして、掃除の際に洗剤が下にあまり流れ落ちないので、洗剤をあまりムダにしないで済みます。
  • 頑固な汚れは、洗剤でこすり洗いした後、ラップで覆ってしばらく放置してから水拭き・乾拭きすればキレイに落とせます。
  • 窓ガラスに洗濯用柔軟剤を薄く塗ると、コーティング剤代わりになって汚れがつきにくくなります。
  • 車のフロントガラス用撥水剤はコーティング剤以上に、窓ガラスをきれいな状態に保つのに効果的です。

窓ガラス掃除は危険がいっぱい!

窓ガラス掃除は作業が難しく手間と時間がかかるのに加えて、窓ガラスが割れてケガをしたり高所から転落するなど危険と隣り合わせです。

例えばサッシレールを掃除する場合、できれば窓ガラスや網戸を外して隅々までキレイにしたいものです。

窓ガラスや網戸には外れ止め部品が付いており、ネジを緩めれば外れ止めを解除できますが、これがなかなか難しく、窓ガラスや網戸を下に落とすリスクが大きいので、高層階にお住まいの場合はお止めになるべきです。

少しでも「難しすぎる」「危ない」と感じたら、ハウスクリーニングを利用しましょう。

ハウスクリーニング ハウスクリーニング-窓ガラス掃除

関連記事はこちらから!

ハウスクリーニングサーチのイチオシ業者

クリーンクルー関東

参考価格(ハウス)
19,800

ハウスクリーニングの専門家、東京のおそうじはクリーンクルー
クリーンクルーにおそうじはお任せ!家庭・法人向けに、水回りの頑固な汚れ、臭いも掃除し、エアコン洗浄(エアコンクリーニング)も行います。キッチン掃除、換気扇掃除、レンジフード掃除、浴室、トイレなどの他、フローリング(床)、窓(サッ…

営業時間
9:00~19:00
定休日

クリーンクルー関西

参考価格(ハウス)
19,800

ハウスクリーニングの専門家、大阪のおそうじはクリーンクルー
クリーンクルーにおそうじはお任せ!家庭・法人向けに、水回りの頑固な汚れ、臭いも掃除し、エアコン洗浄(エアコンクリーニング)も行います。キッチン掃除、換気扇掃除、レンジフード掃除、浴室、トイレなどの他、フローリング(床)、窓(サッ…

営業時間
9:00~19:00
定休日